世界各国の有力NPO等による、最終局面を迎えるTPP交渉での透明性を求める公開書簡を緊急邦訳

2014年12月11日、Creative Commons、国際消費者機構(CI)、オクスファム、電子フロンティア財団(EFF)など、世界10ヶ国の49の有力NPO及び著名な研究者が連名にて、TPP各国担当大臣及び交渉代表に宛てて、最終局面にあるとされるTPP交渉の透明性を求める公開書簡を公開しました。書簡はワシントンDCにて複数の交渉関係者に提出されます。
thinkTPPIPを構成するMIAU、クリエイティブコモンズ・ジャパン、thinkCの3団体は公開書簡に連名で加わると共に、TPP協議が最終段階とされるタイミングの重要性に鑑み、本公開書簡を緊急で邦訳し公開いたします。

続きを読む

TPPによる著作権保護期間の延長に反対する国際共同声明の和訳公開と声明への参加の呼び掛け

TPP交渉における最も対立の激しい分野の一つといわれる知的財産。中でも、著作権の保護期間延長をめぐっては、昨年11月のWikileaksによる流出文書では、交渉国の賛否は真っ二つに割れており、日本も反対に回っていました。しかし、去る5月には、日本も延長に合意ないし同調しているとの報道が主要紙で相次ぎ(その後政府により否定)、直近の報道では、日本は保護期間延長と非親告罪化には反対しているものの、交渉国の中で孤立しつつあり、最終的に妥協を迫られる可能性が高いと報じられています。これら2制度は、まさに導入されるか否かの瀬戸際にあります。

しかし、ここに来てまた、別の流れも生まれつつあります。

続きを読む

シンガポールで開催されるTPP協定交渉会場でプレスカンファレンスを開催します

※プレスカンファレンスの生中継が決定しました:http://live.nicovideo.jp/watch/lv161904089


TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム(thinkTPPIP)は2013年12月7日からシンガポールで開催されるTPP協定交渉会合にメンバーである福井健策(弁護士、著作権保護期間の延長問題を考えるフォーラム(thinkC))と香月啓佑(一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)事務局長。渡航支援:本の未来基金)を派遣し、交渉会場のGrand Copthorne Waterfront Hotelでプレスカンファレンスを開催します。

続きを読む

米国知財法学者らからオバマ大統領への公開書簡の全訳掲載

ウィキリークスによるTPP知財条文の8月時点案の流出で世界が揺れる中、去る11月14日、米国で80名を超える知財分野のロースクール教授が連名にて、オバマ大統領にTPP知財条項の即時全文公開と、完全にオープンな交渉を求める公開書簡を送付しました(原文)。

続きを読む

富田倫生さんの追悼シンポジウム「青空文庫の夢:著作権と文化の未来」と「本の未来基金」創設のお知らせ

去る2013年8月16日、「青空文庫」呼びかけ人の富田倫生さんが亡くなられました。
日本を代表するテキスト・アーカイブである青空文庫に長年携わり、著作権保護期間延長問題についても積極的に意見を表明してきた富田さんの活動を振り返るべく、下記シンポジウムが開催されます。

富田さんには、2013年6月29日の当フォーラムにもご登壇頂きました。
シンポジウム終了後には富田さんのお別れ会が催されますので、是非ご参加ください。

URL:http://www.voyager.co.jp/aozora/

*併せて、上記イベントの運営と青空文庫の活動等を将来にわたって支援する
「本の未来基金」が創設されます。
URL:http://www.voyager.co.jp/aozora/#bokin
続きを読む

「知的財産推進計画2013」及び「知的財産政策ビジョン」へのパブリックコメント

3月19日、「知的財産推進計画2013」及び「知的財産政策ビジョン」の策定に向けた意見募集(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/ikenbosyu/2013keikaku/bosyu.html)に対して、thinkTPPIPとして、下記の通りパブリックコメントを提出しました。
続きを読む